書評『人新世の「資本論」』

久しぶりの更新です。どうも、闇野雲です。以前公開していた記事は後で読み返してみると稚拙な論理であったり、そもそも僕の転向があったりで非公開にしました。

 

さて、最近何かと話題になっていて、フォロワーのリバタリアンも書評を公開していたりで、この流れに乗らねば、ということで、この記事では気鋭のマルクス研究者・斎藤幸平氏による著書『人新世の「資本論」』の書評を行いたいと思います。

続きを読む